PRODUCT PERFORMANCE

ゴールドクラフトなら大丈夫。

木の器は水に弱いと思っていませんか?ゴールドクラフトの器は工業試験場における業務用食器洗浄機3,000回の洗浄試験においても製品に変化はなく、耐水性には全く心配がないことが確認されています。また、適度な粘りがあるプライウッド(成形合板)だから、うっかり落としても割れません。木の軽さと雰囲気を保ちながら、丈夫で水にも強い。ゴールドクラフトの器はいつもの食卓で、他の磁器製食器と同等にお取扱いいただけます。

GOLD CRAFT 「軽くて丈夫。落としても大丈夫。」
▶ youtubeで見る
GOLD CRAFT 「水に強い。汚れにも強い。」
▶ youtubeで見る

毎日使うから安心・安全なものを。

ゴールドクラフトの製品は香川県の高松市で製造されている日本製。プライウッドを構成する材質は産地が確かなシナノキ材を使用(現在は北海道産)。接着剤も耐久性や安全性に優れた日本製を使用しています。耐水性の要である表面仕上げは、汚れや耐薬品、擦り傷にも優れた機能性を持つ日本製のコーティングを採用。もちろん食品衛生法にも合格しています。より丈夫に使いやすく、安全な製品を求めて50余年。MADE IN KAGAWA JAPANに恥じない品質と安全性を毎日の食卓へお届けします。

毎日使うから安心・安全なものを。

プライウッドのいいところ。

製品は、木目を交互に積み重ねた「芯材」と、天然木の突板である「表面材」を金型に挟み、1cmあたり数十kgの圧力で圧縮プレスして成形しています。このため、木を削り出したり、くり抜いて作る他の木製品と比べて薄く、軽く、丈夫な製品が出来上がります。また、シート状に桂剥きした材料を積み重ねて使用するため、捨てる部分が非常に少なく、省資源な製法であることも特徴です。ゴールドクラフトでは森林の伐採が環境に与える影響を考慮して、芯材の選定や表面材の仕入れにも気を配っています。

プライウッドのいいところ。

0.6mmの突板

ゴールドクラフトの製品に使われている突板(つきいた=表面材)の厚みは0.6mm。1mm以下というと、とても薄いように感じると思いますが、日本の成形合板ではかなりの厚突き。厚手の突板は薄手のものに比べて材料コストが大きく、その厚さ故に三次曲面に成形することが難しい材料ではありますが、木の表情や風合い、質感においては、やはり薄手のものより優れています。木と共に暮らすことが文化でもある、本場北欧地方のプライウッドも、厚み0.5mm以上の突板を使用しているブランドが多いようです。成形合板(プライウッド)は工業的で量産が得意な作り方ではありますが、木の良さを大切にする「モノづくりの姿勢」があれば、使う喜びを感じさせてくれる暖かみのある製品を創ることができると考えて、日夜製作に励んでいます。

ゴールドクラフトの主な突板材

  • シナノキシナノキ
    Japanese Lime
    北海道が主な原産地となるシナノキは、木肌も色も柔らかく、明るい雰囲気の材です。その木理の素直さから、ゴールドクラフトでは芯材としてもシナノキを使用しています。
  • ウォルナットウォルナット
    Walnut
    チョコレート色のブラウンが特徴的なウォルナット(くるみ)。濃い色とは裏腹に何とも言えない暖かみがあります。木目も個性があり、グリーンやレッドが良く映える材です。
  • シオジシオジ
    F. platypoda
    はっきりと真っすぐな木目を持ちつつも、柔和な雰囲気を併せ持ちます。欅や桜のような重さがあり硬くて丈夫な材です。カフェ的なイメージにも良く合う万能選手。
  • ベイマツベイマツ
    Oregon Pine
    加工性・耐久性に優れており、適度な硬さを有しています。緻密でシャープな木目が美しく、食卓に凛とした雰囲気を与えてくれます。和的な表現も得意な材です。

【ご理解頂きたいこととお願い】